はははのはと知覚過敏には関係性はあるの?

はははのはは知覚過敏にどういった影響を与えるのか調べてみた

 

あなたは知覚過敏になったことはありますか?

 

なんとなく良く聞く言葉ですが、虫歯とは違うようですし、ここでは知覚過敏についてその症状と
コストパフォーマンスの高い通販のみで購入できるはははのはに,、関係性はあるのかを検証して
みました。

 

知覚過敏と虫歯の違いとは?

冷たい飲み物を飲んだ時に起こる歯の痛みは知覚過敏かもしれません。

 

経験された方も多いとは思いますが、この症状って虫歯なのか?そうでないのかよくわからず、普通に食事も出来るので、放置してしまったことはありませか?

 

こんな知覚過敏の症状が起こるメカニズム、そして虫歯との違いをわかりやすく解説します。

 

 

その1.知覚過敏の症状

 

・冷たい食べ物や飲みもので歯がキーンとなる
・痛みは一時的で10秒もすると消えてしまう

 

 

その2.知覚過敏のメカニズム

 

歯の構造は下図のように外側からエナメル質象牙質象牙細管歯髄(神経)という構造に
なっています。

 

はははのは

 

なにかの原因でエナメル質が傷ついたり薄くなることで、内部にある象牙質が露出することがあります。

 

 

そんな時に冷たいものがその象牙質に触れると、象牙細管から歯髄神経にそして脳に伝わって「キ−−−ン」と染みてしまうわけですね。

 

 

その3.知覚過敏と虫歯の違い

 

実は、虫歯の時にも冷たいものを飲んだりすると歯が染みるので、この時点では知覚過敏と虫歯の違いを見分けるのは難しいです。

 

知覚過敏と虫歯の違いは次の点に気をつけていればわかります。

 

・知覚過敏はすぐに治まるが、虫歯は慢性的に痛みが続く
・知覚過敏の痛みは、歯磨き、風があたったり刺激を受けた時に起こる
・歯をスプーンなどでたたいた時に響くような痛みがあれば虫歯

歯医者の治療以外で起きる知覚過敏を起こす5つ原因とは?

あなたの歯に起こっている痛みが知覚過敏なのか虫歯のなのかわかりましたか?

 

虫歯なら、すぐに歯医者に行ってください。

 

知覚過敏だと思われる方は続きを読んでみて下さい。

 

ここでは知覚過敏の原因を解説したいと思います。

 

ただ、歯医者での虫歯の治療、歯石除去などで知覚過敏が起こる場合は、歯医者で訴えれば直るのでここでは、含んでいません。

 

 

原因1.歯磨きによるもの

 

歯磨きする時に使う歯ブラシはどういったものを使っていますか?

 

もし毛の固いものを使って、ゴシゴシと磨いているのなら、エナメル質を傷つけて象牙質が露出している可能性があります。

 

 

2.食品でエナメル質が溶ける

 

実はエナメル質は酸に弱い性質をもっています。

 

そのため、酸性の強い食べ物や飲み物を摂取している場合、エナメル質が溶けて薄くなって知覚過敏を起こしている可能性があります。

 

 

3.歯周病や加齢によって歯茎が下がる

 

知覚過敏が起こりやすい場所は、歯茎に近い根元の部分です。

 

この根元部分はもともとエナメル質が薄く、特に歯茎の中で見えない部分はエナメル質がありません。

 

そんな状態で歯周病、加齢が原因で歯茎が下に下がってくると痛みが生じやすくなります。

 

 

4.歯ぎしりやかみ合わせで起こる

 

歯をなくす原因の一つである歯ぎしり。特に寝ている間に無意識に歯を食いしばり歯に力がかかっていることがあります。

 

※知覚過分ではありませんが、私の場合食いしばりが原因で永久歯を3本失っています。

 

 

歯を失う原因になるのは、以下の3点と以前通っていた審美歯科でも明言されています。

 

・歯周病によるもの
・虫歯によるもの
・欠損(食いしばり)によるもの

 

歯全体に圧力がかかって歯を支えている組織に負担がかかり歯周病がおこったりして知覚過敏が起こります。

 

 

5.ホワイトニングの薬剤が原因

 

最近注目されている歯のホワイトニングですが、強い漂白剤を使っている場合は、この薬剤が象牙質から歯髄神経に伝わって知覚過敏が起こります。

知覚過敏を軽減する方法

知覚過敏も頻繁に起こると日常生活にも支障をきたすことも考えられますね。

 

そんな知覚過敏を軽減する方法をいくつか紹介します。

 

1.歯の表面をコーティングする

 

知覚過敏が予防できれば良いですよね。

 

知覚過敏がおこるのはエナメル質が傷ついたり、溶けたりすることが原因です。

 

自宅でも簡単に出来るホワイトニングジェルのはははのはには、ポリリン酸ナトリウムが配合されています。

 

エナメル質が傷ついたり溶けてしまった後は修復はできませんが、ポリリン酸ナトリウムは歯をコーティングする事が出来るので予防には最適です。

 

>>> はははのはを購入するならここから

 

2.歯を再石灰化させる

 

唾液には歯を再石灰化させる成分が含まれています。

 

酸などで溶けた部分を修復する機能があるので、よくガムなどを噛んで唾液を増やすのも一つの方法です。

 

3.マウスピースをはめて寝る

 

治療をしても歯ぎしりがひどいとすぐに再発してしまいます。

 

保険適用でもあるので歯医者で夜間用のマウスピースを作ってもらいましょう。

 

私も1年以上使っています。使い始めは違和感が結構ありませんが、慣れてしまえばマウスピースが原因で睡眠不足になったことはありませんし、作ってもらった歯科も、ほとんどの方が特にトラブルなくマウスピースを使えていると説明がありました。

 

 

あとの方法は自宅で手軽に出来る方法ではないのですが、簡単に紹介しておきます。

 

@ 象牙質ででている隙間を埋める
A 歯肉を再生治療する
B 歯周病を治療する
C 消炎鎮痛剤などの薬を使う
D レーザーで象牙細管を埋める
E コーティング剤と薬剤塗布で覆う
F 歯の神経を抜く

まとめ

知覚過敏はさまざまの原因で起こることがわかりました。

 

ただ、症状が進んでからでは、歯医者での治療などの負担が大きくかかります。

 

まずは知覚過敏を予防するために

 

・唾液の量を増やす
・歯ぎしりを防ぐためマウスピースを作る
・歯をコーティングしてエナメル質を守る

 

といった方法が手軽で大切だと思います。

 

また、自宅で出来る歯をコーティングする方法としては、はははのはを使うことが近く過敏の予防に役立ち歯にとって良い影響があることがわかりました。

 

ほかにもさまざまな歯についての情報を紹介していますので、興味のある方はこのはははのは|通販で激安で手に入れよう!から詳細を確認してみてください。