ドライマウスが虫歯・歯周病の原因!

口の中が乾燥するドライマウスと虫歯・歯周病の関係とは?

 

はははのは

 

朝起きた時に口の中が乾燥していて、口臭が気になることはないでしょうか?

 

もしかしたら、それはドライマウスの初期状態になっている可能性がありますよ。

 

そんな状態が続くと口の中に潤いがなくなり、歯全体がくすんで黄色く見えてしまうこともあるので注意が必要です。

 

そんな怖いドライマウスは虫歯・歯周病にも大きく影響します。

 

この記事では、口の中が乾燥して起こるドライマウスと虫歯・歯周病との関係についても触れていきたいと思います。

 

口の中が乾燥するドライマウスとは

ドライマウスは、唾液の出る量が少なくなって口の中が乾燥する状態で専門用語では口腔乾燥症とも呼ばれています。

 

日本には約800万人の人がドライマウスの症状があると言われており身近な病気の一つです。

 

初期は、口の中がネバネバし、口臭が少し気になる程度であまり自覚がありません。

 

ただ、通常なら唾液で洗い流される口の中の最近が増殖し、虫歯や、歯周病のリスクが高くなってしまいます。

 

また、ドライマウスの症状が重症になると、強い口臭舌がひび割れるなど、食事にも影響して食べ物の味を感じなくなってしまい、ついには話をすることも困難になってしまう危険性があります。

 

また、そこまで重症でないケースでも、ドライマウスになって唾液が減少してくると歯の表面が乾燥してしまいツヤがなくなって歯が黄ばんで見えてしまいます

 

はははのは

 

せっかくばっちりとメイクをしても、歯が黄ばんでくると歯を見せて笑顔で人と接することに抵抗を感じてしまいますよね。

 

歯の健康はもちろんのこと接客業や営業の方は早めに対処したいところです。

なぜドライマウスが起こると虫歯・歯周病になりやすい?

ドライマウスの原因として唾液が減少することがわかっています。

 

唾液には口腔内に良い影響を与える作用があります。

 

はははのは

 

@ 抗菌作用

 

唾液に含まれる「ラクトフェリン」などの抗菌物質が虫歯菌や歯周病の浸入を予防し増殖を抑える

 

もともと口の中には多数の細菌が存在しています。

 

細菌が多いと傷などから細菌が浸入して化膿してしまいます。

 

でも、口の中を切ったりしても比較的早く傷が治ってしまう経験をされた人もいると思います。

 

動物が怪我をした時などに、怪我をした部位を舐めているのを見たことはありませんか?

 

人も同じで唾液には強い抗菌作用があるので、唾液があることで傷の治りが早くなっているのですね。

 

 

A 歯の再石灰化作用

 

食事をすると口の中は酸性になり、歯の表面のミネラルが溶け出してきますが、唾液の作用により元に戻り虫歯を予防する

 

少し専門的な話になりますが、歯は酸性の食事の影響で、ミネラルを損失し、その結晶の構造がすかすかになっている歯の初期虫歯に対して、唾液がカルシウムイオンとリン酸イオンを補給してエナメル質の結晶を新しく形成し、元の健康な歯に戻す現象を再石灰化といいます。

 

唾液が歯の表面にできた傷を治してくれる役割を果たしているんですね。

 

 

B 浄化作用

 

唾液は口の中の最近や食べかすなどを洗い流して口臭予防にもなる

 

本来は唾液は口の中にある炭水化物やプラーク(歯垢)中の酸などの物質を流し飲み込み排除する役割を持っていますが、乾燥によって唾液の分泌が減少すると洗い流されなかった食べかすがニオイや虫歯の原因になります。

 

 

C 消化作用

 

口は最初の消化器官と呼ばれるように、唾液に含まれているアミラーゼ(酵素)が食べ物の消化を促進して吸収をサポートする

 

 

D 潤滑作用

 

唾液に含まれているムチンが刺激から保護し、さらに口の中の粘膜を潤して声を出しやすくし、食事も食べやすくする

 

 

E 味覚作用

 

唾液が食べたものの成分を溶かしだして味を感じやすくさせる

 

こういった唾液が持つ有効な作用がドライマウスによって失われてしまい、その結果として、歯が黄ばんだり虫歯・歯周病になりやすくなってしまいます。

ドライマウスを予防するには?

そんなドライマウスを予防するための方法を2つ紹介します。

 

@ 生活習慣から改善

 

はははのは

 

このことが基本中の基本になります。

 

自宅で出来る対策としては唾液腺を鍛えることです。

 

・普段からよく噛んで食べる
・ガムを噛む
・栄養バランスを意識する
・ストレスを溜めない
・規則正しいリズムで生活する

 

 

A 手軽にドライマウスを予防する方法

 

歯みがき粉を効果的な商品に替えてみることです。

 

「はははのは」というホワイトニングジェルがありますが、唾液の作用と同じ働きをする成分が配合されています。

 

はははのは

 

・抗菌作用

 

牛乳由来のラクトフェリンを配合

 

・浄化作用</span>

 

ソープナッツ・米ぬかエキス・重曹を配合

 

・潤滑作用

 

ココナッツオイル

 

 

このように歯の唾液の量が減少することで、口の中の潤いがなくなり、洗浄する機能も衰えることから、唾液の分泌をすすめるための食生活の改善が必要なことがわかりました。

 

加えて、唾液が減少すると歯の黄ばみにもつながり、接客業や営業する人にとっては切実な問題でもありますね。

 

生活習慣を整えつつ、ホワイトニングジェル「はははのは」を使うと、歯の黄ばみが抑えられてホワイトニング効果も期待できますのでオススメですね。

 

はははのはの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

はははのはトップへ