正しい歯ブラシの選び方教えます。

正しく歯ブラシを選んでいますか?

はははのは

 

ここで、質問ですが、あなたの歯ブラシの選び方は正しいでしょうか?

 

せっかく市販の歯磨き粉よりもホワイトニングの効果が期待できる歯磨きジェルを選んで購入しても、歯ブラシの選び方が正しくないと効果も半減します。

 

 

1.なぜ正しい歯ブラシを選ばないといけないのか?

 

歯ブラシを選ぶ基準ってどんな感じでしょうか?

 

硬さやサイズで選んでいる人が多いようですが、中には色やデザイン、価格などでなんとなく選んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

実は間違った歯ブラシを選んでしまうと次のようなトラブルに見舞われることもあります。

 

 

○ 歯茎を傷める

 

どうしても磨いた実感が欲しくて強く磨いてしまうと、歯茎を傷める原因になります。

 

強く磨くことは歯のエナメル質を傷めることにもなるので、あまり硬い歯ブラシは避けたほうがいいですね。

 

○ 磨きの残しができる

 

口腔内や歯の状態、口や歯の大きさなど個人差がかなりありますので、結構最適な歯ブラシの形や大きさを見極めるのは難しいです。

 

マルチな歯ブラシを見つけることにこだわらずに、歯と歯の間を磨くようのもの、奥歯専用のものと分けて使い分けるのも一つの方法です。

 

 

また、一番確実なのは、審美歯科で歯のメンテナンスをしてもらうときに、あなたの口にあった歯ブラシを先生に教えてもらうことをおススメします。

 

 

私も美容歯科などで治療した時にもらった歯ブラシを基準にして歯ブラシを買っています。

 

正しい歯ブラシを選ぶことの重要性をしっかり理解して買いましょう。

 

 

○ 歯周病の原因になる

 

自分の口のサイズに合っていない歯ブラシを使うととプラークを落とすことができず、歯周病の原因になってしまいます。

 

歯を失う原因の一つである歯周病を自宅で予防できるのは歯磨きだけなので、しっかりとサイズと硬さのあった物を選びましょう。

 

 

2.自分に合った歯ブラシの選び方について

 

○ 虫歯予防やホワイトニングのため

 

虫歯予防のために必要なことは、プラークをしっかり落とすことです。また、プラークをしっかり落とせるところまで
歯ブラシが届いていれば、ホワイトニングの効果もあります。

 

・毛の硬さ

 

市販されているものの中で、「ふつう」のものがおススメ

 

理由:硬すぎるとエナメル質を痛め、やわらかすぎると歯垢が落ちない

 

・ヘッドの大きさ

 

市販されているものの中で、「小さめ」のものがおススメ

 

理由:ヘッドが大きいと奥歯に届かないため

 

○ 歯周病の予防や改善のため

 

歯周病や歯肉炎で歯磨きのときに痛みを感じてしまい、きっちり磨けていない人は要注意です。

 

 

そんな時は以下に記載した歯ブラシを使って磨く習慣をつけましょう。

 

・毛の硬さ

 

市販されているものの中で「やわらかめ」

 

理由:強く磨くと痛みが出るため

 

・毛先

 

市販されているものの中で「細め」

 

理由:歯周病の人は歯周ポケットが広くなっているため

 

 

3.歯ブラシの交換時期について

 

歯ブラシの毛先が開いてきたときが、歯ブラシを交換する時期です。

 

目安としては、朝・昼・晩としっかり磨いている人は、毛先の見た目が開いていなくても、少なくとも1ヶ月に1回は交換しましょう。

 

使っていくことで、毛先の弾性が無くなって、しっかりとプラークを落とすことができません。

 

4.歯ブラシの正しい管理の仕方

 

はははのは

 

ついつい面倒で、歯を磨いた後は歯磨きは特になにもせずにそのまま放置してしまうことはないでしょうか?

 

歯ブラシを濡らしたままで放置していると、歯磨きでついた細菌が繁殖してしまい、その繁殖した歯ブラシで歯を磨くことになってしまいます。

 

何のために磨いているのかわからなくなってしまいますよね。

 

使用後は風通しの良いところにおいて、しっかり乾かしましょう。

 

健康な歯を維持し、ホワイトニングで白い歯を保つためには、歯ブラシ選びも重要です。

 

自分にあった歯ブラシを選んで、素敵な笑顔でいられるようにしましょう。

 

はははのはの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

はははのはトップへ