はははのはの成分中にフッ素はあるのか?

はははのはの成分の中にフッ素は入っているの?使っても大丈夫?

 

はははのはの成分の話をする前に、市販の歯みがき粉にフッ素が入っているのかを確認して見ますと、多くの歯みがき粉にフッ素が配合されていることがわかりました。

 

ご自宅にある歯みがき粉の成分表には、「モノフルオロリン酸ナトリウム」「フッ化ナトリウム」と記載されている歯みがき粉が多いのでないかと思います。

 

ちなみに、我が家で使用している「薬用クリアクリン NEXDENT」も写真のように「フッ化ナトリウム」が配合されています。

 

はははのは

 

実は歯みがき粉にフッ素を使うことには、賛否両論があります。

 

毎日使う歯みがき粉ですし、虫歯にならないようにしたいでしょうし、歯を白くしたいのであれば、フッ素がどういう働きをしているのか知っておいて損はありませんよね。

 

ここでは詳細にフッ素は歯にどういった働きがもたらしているのかを検証してみました。

 

歯みがき粉にフッ素を使うメリット

はははのは

 

先ほどお話したようにほとんどの市販の歯みがき粉にフッ素は入っています。

 

ということは、使う人にとっての何らかのメリットがあるからにほかなりません。

 

フッ素には大きく3つのメリットがあるといわれています。

 

 

@ 歯を強くする

 

エナメル質と反応して酸に溶けにくい強い歯を作る

 

 

A 細菌の働きを抑制する(虫歯菌が作る酸の量を抑制)

 

フッ素には抗菌作用があり、口の中の細菌の働きを弱めることで虫歯の原因となる歯垢を作りにくくする

 

 

B 歯の石灰化を促進する

 

フッ素は歯から溶け出したカルシウムやリンを再石灰化して虫歯になりかけている歯を修復

 

はははのは

 

また、歯医者でもフッ素塗布を積極的に行っているところもあります。

 

自宅で歯磨きを行う場合どうしても歯垢や汚れが十分に落ちない場合があります。

 

せっかく3つの効果のあるフッ素配合の歯みがき粉で磨いても、歯垢や汚れが落ちていないと、フッ素の効果が歯の表面にまで届かず効果がなくなってしまう可能性があるんですね。

 

そんな時には歯医者で事前にしっかりと歯のクリーニングをしてもらってから、フッ素を塗布することで虫歯の予防が期待できます。

歯磨きにフッ素を使う危険性

一方でクリニック・審美歯科でもフッ素を使わないクリニック・審美歯科もあります。

 

従来言われているフッ素の効果として、フッ素は虫歯予防に良いといった面から、歯磨き粉に配合されたりと広く使われています。

 

フッ素は歯の表面を酸に溶けにくい状態に修復し、虫歯菌、歯周病菌などの最近から歯を守ってくれると言われてきました。

 

 

ただ、最近になってその定説を覆す研究がなされて、フッ素推進派が進める理由として挙げている効果である歯質強化の信憑性が低いことがわかってきました。

 

 

また、1950年台にアメリカで水道水へのフッ素化合添加物を、めぐる論争が科学者の間で起きています。

 

 

そんなフッ素の歴史の中でフッ素を人類史上最初に水道水に導入したのはナチスです。

 

その目的は、強制収容所からユダヤ人が脱走しないようにフッ素入りの水を飲ませて、意志をくじくために行われました。

 

ネット上でフッ素について調べてみると、フッ素肯定派とフッ素否定とに意見はまっこうから分かれていて、「フッ素は効果的」「歯どころか体に悪い」と正反対の意見が多く見受けられます。

結局使っていいのかダメなのか

そんなフッ素使用論ですが、市販歯磨きのには医薬部外品で厚生労働省からも認可を受けていますので一定の効果があることは間違いありません。

 

でも、危険な可能性がある成分は避けたいですよね。

 

そこで、直接日本歯科医師会に電話をして、実態はどうなのか質問してみました。

 

 

その電話では、どちらがいいのかはっきりした回答をもらうことができませんでした。

 

ただ、両方の意見が出ていることは間違いないことがわかりました。

 

 

ここからは個人の判断になると思うのですが、できればリスクは避けたいですよね。

 

フッ素が入っていなくても同じ働きをしてくれる成分が入っていれば安心ですね。

 

 

そこで最近人気のホワイトニングジェル「はははのは」を紹介したいと思います。

 

はははのは

 

「はははのは」の成分を調べてみると下記の全成分を見る通りフッ素は入っていません。

 

原材料・成分

 

水(基材)、グリセリン(湿潤剤)、エタノール(清涼剤)、BG(湿潤剤)、三リン酸5Na(洗浄剤)、パパイン、メタリン酸Na、プロテアーゼ(清掃助剤)、キシリトール、メントール、スクロース、グリチルリチン酸2K(矯味剤)、ハッカ油(清涼剤)、サピンヅストリホリアツス果実エキス、マスチック樹脂水、アロエベラ液汁、ヤシ油、カンゾウ根エキス、アルテア根エキス、オリーブ果実油、カミツレ花エキス、クマザサ葉エキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウエキス、ハイブリッドサフラワー油、ホホバ種子油、ローズマリー葉エキス、パパイア果実エキス、サボンソウ葉エキス、キュウリ果実エキス(湿潤剤)、PEG-60水添ヒマシ油(可溶化剤)、デキストリン(吸着剤)、キサンタンガム、セルロースガム(増粘剤)、クエン酸、リン酸K、リン酸2Na(pH調整剤)、フェノキシエタノール(防腐剤)

 

「はははのは」はいつも使っている歯みがき粉に替えて使うだけでホワイトニングの効果が期待できます。

 

ホワイトニング効果を出すためには、歯をしっかり守り虫歯になりにくい成分も配合されていなければ意味がないですよね。

 

 

そこで、販売元であるコハルトさんにフッ素の代わりになるような成分が入っていないのかを問い合わせしてみました。

 

先ほども記載したフッ素の効果と思われる@〜Bの効果の代わりになる成分は原材料の中にある

 

・キシリトール
・サピンヅストリホリアツス果実エキス(ソープナッツ)

 

の二つという回答をもらいました。

 

詳しく記載すると以下のようになります。

 

 

@ 歯を強くする

 

キシリトール自体には歯の再石灰化作用はありませんが、唾液の分泌を促すことで歯の再石灰化が促されて歯を強くします。

 

 

A 細菌の働きを抑制する

 

キシリトールは糖アルコールの一種ですが、虫歯菌が食べても酸を作り出すことができませんので、虫歯菌の成長や増殖を抑制する効果が期待できます。

 

また、サピンヅストリホリアツス果実エキス(ソープナッツ)は、歯周病原因菌をはじめとする口内細菌に対して発育抑制効果が期待できます。

 

 

B 歯の石灰化を促進する

 

@にもあると通りキシリトールは歯の再石灰化作用はありませんが、甘味の効果で唾液の分泌を促すことで虫歯予防に効果があります。

 

 

いずれにしてもまずは自分が使っている歯みがき粉にどういう成分が配合されているのかを知ることが重要ですね。

 

その上で納得のいく商品を使われることをオススメします。

 

はははのはの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

はははのはトップへ