歯磨きに替わりにガムをかむと効果があるのか検証してみた

歯磨きの替わりにガムをかむと効果があるの?

 

はははのは

 

普段から歯磨きを意識していますか?

 

歯は痛みが伴わないとケアされないことが多いようです。

 

歯医者はだれでも嫌ですよね。(泣)

 

最近やっと予防歯科という考え方が定着してきましたが、まだまだその認知は薄いですね。

 

この記事では、歯磨きをケアしてくれるガムの上手な使い方を取り上げてみました。

 

ガムの上手な使い方を調べてみた

歯を白く保ったり、虫歯を予防するために日頃の歯磨きは欠かせませんよね。

 

ただ、移動が多かったり、時間がなくて毎食後の歯磨きがどうしてもできない、とおっしゃるかたも多いの
ではないでしょうか?

 

そこで、歯磨きに変わる歯のメンテナンス用として、ガムに注目してみました。

 

はははのは

 

 

ガムを歯磨きの代用とする際には、いくつかのポイントがあります。

 

 

ポイント1 ガムに含まれる成分

 

最近キシリトール入りのガムが人気です。

 

その成分としてキシリトールが入ったガムを購入しましょう。

 

 

ポイント2 キシリトールってどんな成分か?

 

キシリトールは虫歯の原因である虫歯菌の活動を抑制する働きがあると言われています。

 

キシリトールの特徴をもう少し詳しく調べました。

 

 

@ ガムの成分キシリトールは甘味炭水化物の一種
・虫歯の原因となる酸を作らない糖アルコールの一種で、シラカバやカシなどの樹木や植物から作られる。
・砂糖とほぼ同じ甘さを持つのにカロリーが砂糖の約75%と低カロリーである。

 

A ガムの成分キシリトールは自然界に存在し人に安全な食べ物
・野菜や果物の中に含まれている
・例としてイチゴには乾燥重量100gあたり300rのキシリトールを含有する

 

B ガムの成分キシリトールは虫歯の発生を予防
・食事をすると口の中は酸性になり歯のエナメル質の結晶が溶け出し、これを中和するために唾液が
 出る。キシリトールをとることで唾液の働きをサポートし、歯の再石灰化を増強する

 

C ガムの成分キシリトールはすべて長期臨床研究効果が得られている
・1997年4月17日厚生省がキシリトールを食品添加物として使用に許可
・アメリカ合衆国食品衛生安全局がキシリトールを1日の摂取量に制限を与えない食品扱い

 

 

ポイント3 ガムの使用はあくまで一時的なケア

 

キシリトールの入ったガムをかんでいるからといって、歯磨きを適当にすることがないようにしましょう。

 

歯の黄ばみを予防したり、虫歯にならない為には、まず歯磨き最重要だということを常に意識しましょう。

ガムも大事だが歯磨きはもっと大事!

先ほどのガムの上手な使い方と重なってしまいますが、ガムに頼ってしまってはいけません。

 

はははのは

 

そもそも歯磨きはどういった役割を持っているのでしょうか?

 

・歯ブラシでブラッシングすることで歯の表面と歯の歯の隙間に付着した歯垢を除去
・ネバネバとしつこく歯に付着している歯垢を歯磨きのブラッシングで落とす

 

歯磨きは、健康的な歯を保つために歯垢を徹底的に除く重要な役割をもっています。

 

最近スーパーや薬局などには、虫歯の予防が出来ると宣伝しているガムが販売されています。

 

 

値段もお手頃なので買って試している人も多くいらっしゃると思いますが、ガムで歯垢を完全に落とすことはできません。あくまで歯のケアとして使うことが大切です。

 

基本は歯の黄ばみ・虫歯予防は歯磨きが大事です。

おすすめできるガム

ここでは、歯に良いといわれているガムを取り上げてみます。

 

1.キシトールガム(ロッテ)

 

はははのは

 

特徴は虫歯菌の活動を抑える効果が期待できるキシリトールを100%使用している点です。

 

歯の主成分であるリン酸カルシウムも配合されているので、歯の再石灰化(歯を修復し健康な状態に戻す作用のこと)を促進します

 

 

キシトールガムの詳細はここから >>>キシルトールガムの詳細はここをクリック 

 

 

2.リカルデントガム(モンデリーズ・ジャパン)

 

はははのは

 

一番の特徴は、リカルデント(CPP-ACP)成分を2倍増加したしか専売のリカルデントガム

 

キシリトールガムとの違いは、虫歯予防ではなく、CPP-ACPに着目し、再石灰化に効果がある商品です。

 

 

リカルデントハガムの詳細はココカラ ⇒ リカルデントガムの詳細はここをクリック

ガムをうまく取り入れて健康的な歯を目指そう

あくまで歯磨き替わりにガムを使うのは一時的なもので、やはり基本は何度も言いますが歯磨きです。

 

若いことはあまり気にならないと思いますが、永久歯を失うと食事をする時にも苦労します。

 

また、しっかり噛んで食事をしないと、肥満にもなりやすいですね。

 

肥満になるということは、生活習慣病につながるリスクも高まります

 

歯は失ってからではどうしようもありません。

 

日頃の歯磨きとガムも上手に利用して、長い間使える歯造りをしていきましょう。

 

歯磨き替わりにガムをかむと永久歯を失うリスクが減ると思われています。ほかにもさまざまな歯についての情報を紹介していますので、興味のある方はこのはははのは|通販で激安で手に入れよう!から詳細を確認してみてください。