歯茎が下げずに少しでも上げるための方法とは?

加齢などで下がった歯茎を上げる方法はあるの?

歯ぐきが下がってきて、歯が長くなった気がしたり、歯の根元が出てきたと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

 

以下のような原因で歯ぐきが下がってきてしまいます。

 

@ 年を重ねることによるもの

 

加齢によって、歯ぐきは痩せると、下がって見えます。常日頃からの口の中のケアと生活習慣に気をつける必要があります。

 

A 間違った歯磨き方法によるもの

 

歯磨きはあなたが思っているいる以上に強く磨いていることが良くあります。

 

歯磨きの際は、あまり大きな範囲を磨くのではなく、細かくやさしく磨きましょう。

 

B 一番良く知られている歯周病によるもの

 

歯周病菌は、歯茎の組織に炎症が起こるもので、重症化すると歯の根本が露出してしまいます。

 

一旦歯茎が下がってしまうと元の場所に戻すのは困難です。歯茎の再生の研究も行われていますが、実用化にはまだ時間がかかりそうです。

 

 

そうすると、できることは歯茎を下がることを予防するしかありません。

 

 

@ 歯磨きを正しい方法で行う

 

毛先が柔らかいタイプの歯ブラシを使い、一本一本磨くように細かく歯ブラシを動かしてみましょう。うまく磨けているのか自信のない人は、審美歯科などで歯磨きの指導を受けることも必要です。

 

 

A 歯茎の老化を遅らせる

 

下がってしまった歯茎を元に戻すのは困難ですが、その進行するスピードを遅くすることはできると思います。

 

 

そのために歯科医も勧める「コンクール リペリオ」を使うことです。

 

※ コンクール リペリオの詳細は コチラ 

 

>>>歯ぐきを生き返らせ、歯ぐきの回復を助ける歯みがき剤 コンクール リぺリオ

 

 

口内が泡だらけにならず刺激も少ないので長い時間を掛けて丁寧に歯磨きすることができます。

 

ただ、強く磨いてはダメですよ。

 

リペリオにはヒアルロン酸や歯茎のコラーゲン組織を活性化する成分も入っているので歯茎の色もピンク色になります。

 

 

B 歯茎のマッサージ

 

歯磨きを終わったあとに、リペリオを指にとってマッサージするのもおススメです。審美歯科・美容歯科で歯茎のマッサージをするところもありますが、マッサージ用としてリペリオを使っているところもあります。

 

 

ただ、リペリオには「歯周病をすぐに治してピンク色にする」という即効性はありません。歯周病自体が急激に進行するわけではなくて、ある程度の時間をかけて悪化していきます。

 

 

この症状を改善するためには、歯科医で治療し投薬する必要があります。

 

出来るだけ初期の症状でリペリオを使うと、歯茎と歯にしっかりリペリオの有効成分が届くので症状を抑えることができます。

 

 

歯茎が下がるのも、すぐに起こるわけではありません。ある程度の時間がかかって症状が進んでいくので、常日頃
から、歯磨きのときにもしっかり歯と歯茎の状態を見極めて、なるべく初期の段階で予防することが一番です。

 

 

はははのはの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

はははのはトップへ