歯に色が付きやすい飲み物・食べ物を知ろう

歯に色が付きやすい飲み物・食べ物って何?

接客業や営業マンなど人と接する機会の多い人は、歯の黄ばみとかが気になりますよね。

 

 

審美歯科や自宅でのホワイトニングなどで対策をとることも大切ですが、普段から歯に付着しやすい飲み物・食べ物を知っておいて、予防することも重要です。

 

日常生活の中で気をつけない、歯に色が付きやすい食べ物・飲み物を紹介してみます。

 

 

1.歯に色が付着しやすい食べ物

 

以下のように見た目に色が濃いものもありますが、にんにく、ねぎ、大豆食品のように含まれている成分によるものもあります。

 

はははのは

 

種  類

原 因

カ レ ー

着色汚れであるステインが歯に付着し簡単に汚れは落ちない

ケチャップ・ソース

成分の中に含まれている保存料は、歯のエナメル質を傷つけて黄ばみやすくなる

ナッツ類

ナッツ類の色素が沈着する

キャンデー類

着色料によって歯の白さを邪魔する

にんにく・ねぎ

含有している硫黄の成分によって黄ばみやすくなる

ブルーベリー・チョコレート・緑黄食野菜

含まれているポリフェノールが歯の白さを阻害する

醤油・大豆食品

ポリフェノールも一種であるイソフラボンが歯に色をつけやすくなる

 

 

2.歯に色が付着しやすい飲み物

 

はははのは

 

種 類

原 因

コーヒー    

ステインのもとになるタンニンという成分が含まれていて着色しやすい

紅茶

コーヒーと同様タンニンが含まれておりステインに変わってしまう上に、含まれているカテキンも着色の原因になる

緑茶

コーヒーと同様にタンニンが含まれているため

ココア・コーラ・ウーロン茶

もともと色の濃い飲料のため

野菜ジュース

緑黄色野菜が主原料なので、食べ物と同様に歯に色が付きやすい

白ワイン・スポーツドリンク・炭酸飲料

酸性度が高いた歯の表面のエナメル質を溶かすことで汚れが付着しやすくなる

赤ワイン

もともと色も濃い上にタンニンが多く含まれているため着色しやすい

 

 

3.着色補助食品

 

はははのは

 

色の濃いものを控えることは大切なことですが、実は直接着色するのではなくて、着色をひどくする
食品があります。

 

・アルコール
・みかんやぽんかんなどの柑橘系の食べ物
・クエン酸
・お酢
・梅干

 

見てみると、酸性のものが多く着色補助食品にあげられています。

 

 

着色補助食品は、単体では着色しませんが、口の中を酸性化させるために歯の表面のミネラルが溶けてしまう「脱灰」という減少が起こって、その部分に着色しやすくなります。

 

はははのはの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

はははのはトップへ