歯が黄ばむ原因はこんなことだった

歯が黄ばむ原因を調べてみると・・

だれもが毎朝歯磨きをする習慣があると思いますが、鏡に映った歯が黄ばんでいると気持ちまで沈んでしまいませんか?

 

特に接客業、営業と人に会うことが仕事の人にとって、歯の黄ばみは憂鬱の種ですよね。

 

歯が黄ばむにはいろいろと原因があります。

 

ただ、気をつけることで改善できるものと、そうでないものもあります。

 

ここではいくつかの例と改善策を挙げてみます。

 

 

1.自分で気をつけていてもどうしようもないもの

 

・先天的なもの

 

生まれつき歯の色が黄色い人。

 

遺伝や病気や服用している薬が影響しているもの

 

・神経が死んでいる歯

 

歯の中の神経である歯髄が死んでいたり、虫歯の治療の際に神経を抜いている歯

 

・加齢によるもの

 

年齢を重ねるとものに歯が黄色くなってしまいます。

 

毎日の食事の際に歯のエナメルが減っていくことが原因です。

 

はははのは

 

 

2.自分が気をつければ改善できるもの

 

・食べ物、飲み物による着色

 

○ 着色量が濃い食べ物や飲み物を控える

 

カレー、ソース、醤油、ケチャップなどに含まれている合成着食料が歯に付着して黄ばみになる

 

○ ポリフェノールやタンニン、カテキンが入っている飲み物を控える

 

紅茶、コーヒー、赤ワインなどでポリフェノールがステインになって歯に付着する

 

・タバコの喫煙によるもの

 

タバコのやにが歯に付着する。

 

タバコの量を減らしたり、ニコチンの軽いものを選ぶ。止めるのがベスト

 

自分の努力で歯が黄ばむ原因をつきとめて改善できるケースもあります。

 

また、審美歯科などでのホワイトニンや自宅でのホワイトニング用の歯磨き粉やジェルを使うことで歯の黄ばみを改善することが可能です。

 

歯にステインなどが着色してしまうまでに着色原因を知っておいて気をつけていることで歯の黄ばみは軽減できます。興味のある方はこのはははのは|通販で激安で手に入れよう!から詳細を確認してみてください。