「はははのは」は効果的な黄ばみ改善方法!

はははのはを使うとなぜ歯の黄ばみがとれるのか?

 

いつの間にか歯が黄ばんできて、鏡を見てショックを受けた人もいるのでは?

 

そんな時にはははのはが効果的といわれていますが、本当に効果があるのでしょうか?

 

歯の黄ば方法と対策を検証してみましたので、参考にしてくだし。

 

 

もともとの白い歯が黄ばむのはどうしてでしょうか?

はははのは

 

まずは、どうして歯が黄ばむのかを知っておく必要ありますよね。

 

歯が黄ばむのは、大きく分けるとからだの外部からの要因とからだの内部からの要因が挙げられます。

 

 

1.からだの外部からの要因

 

歯の黄ばみにはからだの外部からの要因(生活習慣)が挙げられます。

 

飲食物による着色汚れによるもの

 

色の濃い飲食物を取るとどうしても歯に着色してしまいます。最近になって急に歯の黄ばみが気になった人は、紅茶・コーヒー・赤ワイン・コーラなどを多く取っているのかもしれませんね。

 

また、醤油やケチャップ、ソースなどの調味料を多く使った料理を日常的に食べていると歯に直接色が付いてしまいます。

 

もちろんこういった飲食物をまったく取らない生活は考えにくいので、少し意識するだけでも着色を抑えられる可能性があります。

 

喫煙が原因による着色によるもの

 

たばこのヤニはステイン(歯の着色汚れのこと)よりも粘着力が高くてさらに歯の黄ばみを酷くします。

 

飲食物も喫煙によるヤニも時間が経つと葉の表面を多いエナメル質の中まで浸透してしまい症状は悪化してしまいます。

 

 

2.からだの内部からの要因

 

加齢によるもの

 

歯の色というのは、表面を覆うエナメル質のすぐ内側にある象牙質の色に影響されます。これは個人差もあります。

 

加齢とともに半透明のエナメル質が磨り減ってきて薄くなるのとは反対に、歯の内部の象牙質は次第に厚くなってきます。

 

象牙質はもともと黄色なので、黄ばんだように見えてくるわけですね。

 

抗生物質によるもの

 

一例ですが、肺炎などにかかった時に服用する抗生物質である「テトラサイクリン」は、永久歯が生え変わるまでの子供が服用すると歯が黄ばんでしまうことがあります。

 

※ テトラサイクリン:細菌やウイルスの感染、薬剤、アレルギーの影響が原因で肺の炎症によって息切れを起こす肺炎などの際に
  服用する抗生物質です。

歯の白さが人に与える印象は思った以上に大きい?

やはり歯が黄ばんでしまうと周りの人の視線が気になりますよね。

 

顔の中心にある口元が人に与える印象は思った以上に大きいものです。

 

これは一つの目安のようなものですが、眼球の白い部分歯の色が同じように白いと、人にバランス良い印象を与えることができるといわれています。

 

この興味深いアンケート調査があったので、簡単にまとめてみました。

 

参照元:黄ばんだ歯は人生にマイナスの影響しかもたらさない

 

1.歯が黄ばんでいる人に対する印象

 

・ 笑顔はくすみイメージは大きくダウン
・ 男性も女性も3歳ふけて見える
・ 仕事にも影響。特に営業マンは影響大
・ 面接時も同じレベルなら白い歯の人を採用したい
・ しっかり歯も磨けていないようでだらしなく感じる

 

歯が黄ばんでいるだけで、笑顔の輝きは大きく低下し、7割の人が笑顔の魅力が半減すると感じ、5人に1人は100イメージダウン

 

結構シビアな結果ですね。

 

 

2.歯が白い人に対する印象

 

ここでは、歯の色によってどれほど印象が変わるのかを実感してもらうために画像を用意しました。

 

はははのは

 

見ても分かる通り、微笑んでいても歯がくすんでいると暗いイメージが強くなりますよね。

 

少しまとめてみると

 

・ 歯が白い人は異性にモテる
・ 歯が白い人は仕事も出来るように見える
・ 就職活動にも歯が白い方が有利
・ プレゼンなどでも印象が良くなり評価される

 

歯の白さだけでこれほど印象が変わるんですね。

 

続いては、そんな白い歯を保つための方法にふれてみたいと思います。

歯の黄ばみを予防する5つの方法

歯の白さを保つことはさまざまな面で優位に働くことがわかりました。

 

そこで、白い歯を維持するための歯の黄ばみの予防方法を紹介します。

 

 

1.食事のあと口をゆすぐ

 

食べ物の色素をすばやく口の外に出してしまうのに口をゆすぐのは思った以上に効果的です。

 

 

2.食事の後の歯磨き

 

着色を予防するためには出来るだけ着色しやすい食べ物の摂取を控えましょう。

 

そして、口をゆすぐよりもさらに効果的である食後にしっかり歯磨きする習慣をつけましょう。

 

喫煙する人は、これを機会に禁煙するのが理想的ですね。

 

喫煙は歯の黄ばみだけではなく、歯肉の血流を悪くして、タバコを吸わない人と比較しても歯周病にかかる割合が大きいことがわかっています。

 

 

3.歯磨きの際には適切なブラッシングをする

 

いくら食後に歯を磨いても、正しいブラッシングでなければ効果は薄まります。

 

かかりつけの歯医者さんがあれば、ブラッシング方法を指導してもらうのも良い方法ですね。

 

 

4.食物繊維の多いものを食べる

 

普段の生活の中で、加工された柔らかい食べ物が多くなっていますが、食物繊維を多く含んでいる歯ごたえのある野菜や果物を積極的に摂りましょう。

 

そうすると、歯の表面の汚れと色素も擦り落ちる効果があります。

 

 

5.唾液の分泌を増やし歯の再石灰化を促す

 

「再石灰化」はあまり聞きなれない言葉ですが、重要な役割を果たしています。

 

食事を摂ると歯のミネラル成分が溶け出して「脱灰」が起こります。その後唾液に含まれるカルシウムなどによって、溶けたミネラルが元に戻る現象が「再石灰化」と呼ばれているものです。

 

健康な口の中では、この「脱灰」と「再脱灰化」が繰り返されて健康を保っています。

 

唾液の分泌を促すにはいくつかの方法があります。

 

 

唾液の分泌を増やすにはよく噛んで食べる

 

硬い食材などを食べるときは、何回も噛んで食べるので、唾液の分泌が増加します。

 

また、食間にガムを噛むことも、唾液の分泌が増えるので試して見てください。

 

 

唾液の量を増やす舌ストレッチを行う

 

参照 一般社団法人 日本訪問歯科協会

口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「唾液分泌!舌ストレッチ」というテーマでお話します。

唾液の分泌を促す方法としては唾液線マッサージが有名ですよね。
今回は舌のストレッチを行いながら、唾液の分泌を活発にする方法を紹介しましょう。
まずは舌を思いっきり前に突き出します。この状態を10秒間キープしましょう。
次に上を向いて舌を鼻先につけるイメージを持ちながら突き出して、これも10秒間キープします。
今度は再び正面を向いて舌を思いっきり下に伸ばして10秒間キープします。
そして、左右にも、それぞれの口角につけるイメージで思いっきり伸ばして10秒間キープしましょう。
高齢の方はこれを1セットとして5回、若い方は10回繰り返しましょう。

 

 

まずは、出来ることから始めてみましょう。

一度黄ばんだ歯を白くする方法

これまでは予防を中心に話を話を進めていましたが、既に歯に色素が付いて黄ばんでしまった場合の方法を紹介します。

 

大きくは、【自分で出来るホワイトニング】と【歯科医院でのホワイトング】に分けられます。

 

 

1.自分で出来るホワイニング

 

@ 歯の消しゴム

 

歯の消しゴムは、シリコンでできた消しゴム状の部分と研磨剤がセットになったものです。

 

研磨剤を歯に塗りつけて、消しゴムで擦って歯を白くします。ドラッグストアにもおいていますが、歯科医院のものを使う方が、研磨剤の成分も傷つけにくといわれています。

 

<価格> 1,000円以内

 

<注意点> 歯の表面を削っているので、歯を傷つける可能性があります。

 

 

A ホワイトニングテープ

 

アメリカでは定番のホワイトニング方法です。

 

薄いフィルム状の専用テープを歯の表面に直接貼り付けて使用します。

 

日本の場合、ホワイトニングテープに使われている過酸化水素の取り扱いが制限されていて、ホワイトニングテープの販売許可がおりていません。

 

成分が強すぎることもあるので、取り扱いが難しいです。

 

<価格> 20分 7,000円

 

<注意点> 日本では未認可。薬局でも販売しておらず輸入並行品として購入する必要があります。

 

 

B ホワイトニングジェル

 

ここでお勧めするのは、今人気の「はははのは」というホワイトニング用の歯磨きジェルです。

 

今使っている歯みがき粉を「はははのは」に変えるだけで手軽にホワイトニングができます。

 

<価格> 初回1,980円税込 2回目から2,980円税込

 

<注意点> いろいろ通販でも販売がされているが類似品もあるので、公式ページで購入することをお勧め

 

⇒ 「はははのは」のより効果的な使い方

 

【はははのは】の公式ページはココをクリック

 

 

2.歯科医院でのホワイトニング

 

歯科医院の中でも審美歯科がホワイトニングに特化して施術しているケースが多いです。

 

主に「オフィスホワイトニング」として行われていますが、使う薬剤や機器によって値段、効果、持続時間が変わってきます。

 

<価格> 1万円 〜 10万円 ※ 保険が効かないので、クリニックによって大きく価格が変わります。

 

<注意点> 通院が必要になるので、時間が取れない人には難しいです。

 

参考 最近人気の審美歯科は普通の歯医者と何が違うの?

まとめ

歯の黄ばみについて紹介してきましたが、いかがでしょうか?

 

まずは、今の状況を把握するために審美歯科などで、クリーニングをしてもらうことも一つの方法ですね。

 

また、歯の黄ばみは生活習慣(特に食生活)と密接に関わっていますので、見直しが必要かもしれません。

 

歯の黄ばみはその印象が周りに与える影響が大きいので、しっかりチェックをして白い歯を維持できるように取り組む必要がありますね。

 

はははのはの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

はははのはトップへ