ラウリル硫酸ナトリウムの成分と効果について

ラウリル硫酸ナトリウムはどんな成分でどういった効果があるの?

市販の歯磨き粉は発泡剤などが含まれていて、なんとなくしっかり磨けたように思ったことはありませんか?

 

その発泡剤の成分は、多くはラウリル硫酸ナトリウムで、発泡剤や洗浄効果を持つ成分です。

 

ここで、ラウリル硫酸ナトリウムのメリットとデメリットについて調べてみたので紹介したいと思います。

 

 

ラウリル硫酸ナトリウムのメリット

 

・ラウリル硫酸ナトリウムは安価なため、歯磨き粉の価格を下がるので安く手に入る

 

・歯磨き粉を歯の置くまで行き渡らせることができ、短時間で歯のよごれを落とす

 

・発泡剤として使われており、しっかりとした泡立ちと爽快感を感じることが出来て
歯を磨いた満足感がある

 

ラウリル硫酸ナトリウムのデメリット

 

 

・石油系の界面活性剤で発がん性があると考えられている

 

ラウリル硫酸ナトリウムの発ガン性について

 

 

@ 発ガン性については日本でも賛否両論があります。
  1970年に厚生省が否定していて公式的には発がん性がないことになっています。

 

A 世界的にもラウリル硫酸ナトリウムを禁止している国もあり、アメリカでは
  6歳以下の子供用品への使用が禁じられています。

 

B 現在でも厚生省の判断もあり多くの製品でラウリル硫酸ナトリウムが使用されています。

 

・発泡剤として歯磨きの際には、多くの泡が発生するので、歯を磨いた爽快感はあるものの磨き残しがあった場合にも、しっかりと磨けた気になってしまいしっかりと歯垢がとれない可能性が高い

 

 

ラウリル硫酸ナトリウムは市販の歯磨き粉にも少量ですが入っています。

 

すぐにガンになるというわけではないのですが、長い期間使う場合に、安全性が保たれているわけではありません。

 

そんな危険な可能性のある材料を歯磨き粉に使うのには何か理由があるのでしょうか?

 

ネット上に歯科医の情報によると、まったく泡がでない歯磨き粉は磨けた気がしないので販売しても売れないといったことが一つの原因のようです。

 

はははのは

 

歯磨き粉を購入する際には、かならず成分を確認して、ラウリル硫酸ナトリウムが入っていないか
確認して購入することをおススメします。

 

一般的な歯磨き粉には、ラウリル硫酸ナトリウムが配合されていますが、ホワイトニングジェル「はははのは」には配合されていません。配合成分が気になる方ははははのは|通販で激安で手に入れよう!をから詳細を確認してみてください。