ホワイトニングの効果は詰め物にも効くのか?

歯の詰め物・被せものにはホワイトニングができないのか?

 

まだ、審美歯科などなかった時代、虫歯などを治療する場合には、保険適用の範囲内でいわゆる治療をしていました。

 

そのため、「歯の詰め物や被せ物をした歯はホワイトニングできるの?」

 

といった疑問が出てきますよね。

 

そこで、歯の詰め物や被せ物がある場合のホワイトニングについて検証してみました。

 

虫歯治療した歯はホワイトニングできるのか?

はははのは

 

1.虫歯治療した歯はホワイトニングできるのか?

 

以下の該当する歯は、象牙質の変色などが原因で、歯のエナメル質に付いた着色汚れや黄ばみがあるため、ホワイトニングを行っても白くなりません。

 

・神経が死んで変色してしまっている歯
・虫歯などの治療で神経を抜いている歯
・虫歯によって象牙質がダメージを受けている歯

 

また、歯の詰め物に関しても、人工物になるのでホワイトニングは出来ません。

 

歯のホワイトニングの薬剤は天然の歯にしか作用しないのです。

 

そのままの状態ではホワイトニングをしても、その歯は他の歯と違う色になる可能性が高いです。

 

奥歯に関しては、保険の範囲内であれば銀歯で被せているケースが多いので、当然ながらホワイトニングは出来ません。

 

前歯に関しては、保険でも歯の表面にプラスチックを焼き付けた金属の被せもの(硬質レジン前装クラウン)で修復しています。

 

一見すると白い歯の色ですが、普通にホワイトニングをしても他の歯との色に違いが出てしまいます。

ホワイトニングするための解決方法とは?

対処方法1 ホワイトニング前に虫歯治療を行う

 

ホワイトニングの予定がある方で歯に詰め物をしている場合、詰め物とホワイトニングをした歯の色の差が少ない詰め物を使用することで改善されます。

 

対処方法2 ホワイトニン後に虫歯治療を行う

 

ホワイトニングをした後にそれ以前に詰めた物の色を変える際には、3つの注意点あります。

 

@ 保険が効かない

 

虫歯の治療を前提とした場合は、治療にあたるので保険が効きます。

 

ホワイトニング後に色が合わないために行う行為は保険適用で詰める詰め物(レジン)でも保険治療外になってしまいますので高額になってしまいます。

 

 

A 保険の詰め物はホワイトニングのように白くない

 

保険適用の詰め物は、審美歯科で取り扱うよりもその種類がとても少ないです。そのため、保険の詰め物では適応できる詰め物がない場合が多く、他のホワイトニングをした歯のように白くない詰め物しかない可能性があります。

 

 

B 保険の詰め物は色が変わりやすい

 

保険適用の詰め物は、表面がざらついていることもあって着色や歯垢が付きやすいです。そのため1年半〜3年で変色してしまいます。

 

 

芸能人のように歯のメンテナンスをしっかりしなければ仕事に影響する場合を除けば、一般の人は目立つところに虫歯が出来た場は、その歯の治療の際にホワイトニング対応ができるよう処置しておくことをおススメします。

 

もちろん経済的にゆとりがある方であれば、金属を使わない白い歯にすることは可能です。

 

費用はかかりますが、接客業の人などで歯がきれいであれば人前でも自信をもって行動・発言できますよね。

 

虫歯がある場合ホワイトニングは歯科医との相談が重要

 

審美歯科などでホワイトニングをしようと思って診察した際に虫歯が見つかることが多いといった統計もあります。

 

はははのは

 

虫歯の治療で神経を抜くかどうかは、診察の際の診断(レントゲン等)で判断ができるので、まずは、診察のタイミングで歯科医と相談する必要があります。

 

人によってですが、例えば、結婚式などのイベントがある場合、きれいな白い歯で出席したいと思うのは当然ですよね。

 

審美歯科はそういった急な治療にも対応し、歯のマニキュアを塗るなどの応急処置を施すことも可能なので、自分の判断で行わずに歯科医に相談することをおススメします。

 

また、金属を使用しない白い歯には以下のような種類がありますので参考にして下さい。

 

 

種  類

特  徴

費 用 の 相 場

オールセラミッククラウン すべてセラミックで自分の歯に近い艶などが再現できる。ただし、すべてセラミックなので割れる可能性が高い。そのためある程度セラミックに厚みが必要で、削る歯の部分が多くなる

7万円〜17万円
(1歯あたり)

ジルコニアセラミッククラウン 歯の表面にセラミックを焼き付けた人工ダイアモンド ジルコニアの被せ物。オールセラミックに次いで自分の歯に近い色や艶を再現できる。ジルコニアは金属に近い耐久性があるが、あまり硬いものを咬むとセラミック部分が割れてしまう可能性がある

9万円〜20万円
(1歯あたり)

ハイブリッドセラミッククラウン セラミックとプラスティクを混ぜたもので、プラスティックが混ざっているので長くなると艶落ちや変色がある。極端に硬い物を噛んだときに割れることがある。金属を使用しない白い歯では、一番安い。

4万円〜12万円
(1歯当たり)

オールジルコニアクラウン すべてジルコニアで2〜7色の中から選択するので若干色浮きすることがある。金属に近い強度なので折れることがなく歯そのものを削る量もも少ないという長所もあるが、再治療の際に時間がかかる。

8万円〜18万円
(1歯当たり)

まとめ

歯の詰め物・被せ物にはホワイトニングが出来ないことがわかりました。

 

虫歯による詰め物・被せ物も目立たないようにする方法としては、まずは、詰め物・被せ物をあなたの天然の歯の近い色のものに入れ替えてホワイトニングを行うことが理想的ですね。

 

 

また、一旦は周りの天然の歯と人工の歯の色を合わせることができても、天然の歯はどうしても時間が経つと飲食物や加齢などのさまざまな理由で、黄ばみが生じることはやむを得ません。

 

あまり目立つようであれば、再度審美歯科でホワイトニングが必要になってきます。

 

ただ、あまり頻繁に起こると通院する時間や費用もバカにならないでしょうね。

 

ホワイトニング効果は審美歯科で行なうものよりも劣りますが、今使っている歯みがき粉を「はははのは」というホワイトニングジェルに替えるだけで、歯の着色や黄ばみを抑える効果があります。

 

はははのはの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

はははのはトップへ