ホワイトニングで黄色っぽい象牙質を白くできるのか?

歯の象牙質が見えてきたときにはホワイトニングはできるの?

 

最近なんとなく鏡を見るたびに歯が黄ばんで見えると感じたことはないですか?

 

もしかしたら日頃の食生活の中で、歯の表面のエナメル質が溶けて象牙質が見えてきているかもしれませんね。

 

ここでは、歯の象牙質が見えてきた原因とホワイトニングのメカニズム、そしてそんな象牙質の歯でもホワイトニングできるのか検証したいと思います。

 

 

歯の象牙質が見える原因とは?

まずは、歯の象牙質が見えてしまう原因について解説していきます。

 

もともとエナメル質は透明性もあるため、歯の象牙質の色とエナメル質の色が重なって歯の色が決まってきます

 

そのような状態で、もし歯のエナメル質が溶けてしまうと、もともと黄色の象牙質の色が浮き出てしまい、歯全体が黄ばんで見えてしまうんですね。

 

そこで、歯のエナメル質を溶かす原因を調べていくと、酸蝕歯(さんしょくし) という耳慣れない言葉が出てきました。

 

酸蝕歯(さんしょくし)は食べ物や飲み物に含まれている酸が原因で、歯の表面のエナメル質が溶けてしまった歯のことを言います。

 

軽度のうちはあまり問題はありませんが、症状が進んで熱いものや冷たいものがしみてしまったり、エナメル質の下にある象牙質の色が溶けるようになり、歯全体が黄色く見えたりすりようになります。

 

 

この酸蝕歯にならないようにするためには、日頃から酸性の強い食品を摂り過ぎないことです。

 

酸性の強い食品とは

 

・コーラなどの炭酸飲料
・クエン酸やリンゴ酢を含むスポーツ飲料
・ビール
・ワイン
・柑橘系の果物
・黒酢ドリンクなどの健康食品
・梅干や酢の物、南蛮漬け

 

これらには健康に良いといわれる食品も含まれていますが、過剰摂取すると酸蝕歯のリスクを高めることになるので注意が必要ですね。

歯のホワイトニングのメカニズムとは?

次に、歯科医でホワイトニングをするとどうして歯が白くなるのか、そのメカニズムを解説します。

 

ホワイトニングは、白くしたい歯の表面にあたるエナメル質にホワイトニング剤を塗ることからスタートします。

 

歯の断面図は以下のようになっており、象牙質をエナメル質が覆っています。

 

はははのは

 

歯に塗ったホワイトニング剤に熱が加わることで、一般的なホワイトニングの主成分である過酸化水素過酸化尿素が酸素と水に分解されます。

 

その際に分解された酵素とエナメル質に付着した汚れ(ステイン)が結びついて無色透明にすることで歯が白くなります。

 

ただ、エナメル質に付着したステインをいくら無色透明にしても、エナメル質の内部にある象牙質の色が歯の色に大きく影響します。

 

 

もともと人によって個人差はあるものの象牙質は黄色っぽい色をしているので、その黄色がエナメル質を通して見えるため、完全に白くするのは難しいのです。

 

 

かと言って象牙質を直接ホワイトニングすることはできないので、象牙質を色が浮き上がらなくするためにエナメル質の表面の構造にマスキングをかけていきます

 

※ マスキング 

 

歯のエナメル質の表面に塗装をするような効果のことをいいます。

 

ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素が分解して生成された酸素にはマスキング効果もあります。

 

ホワイトニングのメカニズムは大きく分けると以下の2点です。

 

・エナメル質の汚れの無色透明化

 

・エナメル質のマスキング

象牙質が見えてきた歯にホワイニングは出来るのか?

では、実際に象牙質が見えてきた歯にホワイトニングはできるのでしょうか?

 

軽度の酸蝕歯(さんしょくし)の場合であれば、歯科医でのホワイトニングで効果はありますが、進行してしまった場合はセラミックなどの人工物によって、審美治療をしていくしか今のところ方法はないようです。

 

日頃から酸性の食品が過剰摂取になっていないかをチェックしながらしっかりとした歯磨きの習慣をつけることが必要ですね。

 

また、使用する歯磨きも市販品で研磨剤などが含まれているものを使うと歯の表面に傷がついて、症状が早く進む可能性もありますので使う歯磨き粉も選ぶ必要がありますね。

日頃の歯磨きにホワイトニングジェル「はははのは」を使う

そこで、酸蝕歯(さんしょくし)になることを予防する意味でも日頃の歯磨きは重要です。

 

また、これは一つの提案ですが、「はははのは」というホワイトニングジェルを使って、酸蝕歯(さんしょくし)の予防、虫歯予防、口臭予防、ホワイトニングを行ない歯のエナメル質が溶けて象牙質が見えてくることを抑制する方法もあります。

 

最後にホワイトニングジェル「はははのは」について以下に紹介しておきますので、参考にしてください。

 

はははのはの特徴

 

はははのは

 

1)ステインを浮き上がらせる

 

ホワイトニングに有効なポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムによって歯の表面に付着したステインを浮き上がらせます。

 

また、浮き上がらせるだけでなく、汚れが再度付着しない効果も期待できます。

 

 

2)植物酵素が汚れに働きかける

 

はははのは

 

パパイアの果実乳液から抽出されるパパインが葉の表面に付着したタンパク質で出来た汚れにアプローチします。

 

 

3)天然の洗浄成分が歯の汚れに入り込んで流す

 

はははのは

 

洗浄作用に優れた天然の洗浄成分サポニンを含むソープナッツが浮かび上がった歯の汚れ(タンパク質)に入り込んで白く美しい歯にします。

 

※ 天然の界面活性剤の役目を果たす

 

 

4)完全無農薬の10種類のオーガニック成分配合

 

はははのは

 

うるおい成分

 

・オリーブ油
・キューカンバーエキス
・アルテアエキス
・ホホバ油
・サフラワー油
・カモミラエキス
・タイムエキス

 

保護成分

 

・アロエエキス
・セージエキス
・ローズマリーエキス

 

 

5)保湿と歯を白くする

 

はははのは

 

海外のセレブにも大人気のプリングで注目されているココナッツオイルを配合口内を洗浄し歯を白くする効果もあり、さらに潤いも与えてくれます。

 

※ プリングは、インドの伝統医学・アーユルヴェーダの中の自然療法を起源とする「オイルで口をすすぐ」健康法

 

 

6)口内環境正常化

 

はははのは

 

もともと唾液に含まれているラクトフェリンを補い口内フローラを良い状態に保ちます。

 

 

7)洗浄成分

 

はははのは

 

米ぬかエキス(脂肪酸)で汚れを落とします。

 

8)重曹

 

はははのは

 

重曹は汚れにアプローチして歯の黄ばみやヤニを落とす働きがあります。

 

また、審美歯科などのオフィスホワイトニングなどと比較してもコストパフォーマンスも良いのでオススメですね。

 

公式ページで購入するのがもっとも激安で、定期便で申し込めば、初回1,980円税込、2回目以降2,980円税込で購入することが可能です。

 

いつもの歯磨きの代わりに「はははのは」を使うだけなので、簡単です。

 

【関連記事】

 

⇒ 「はははのはでなぜ歯の黄ばみがとれるの?原因と予防に着目!」はコチラ

 

はははのはの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

はははのはトップへ